FC2ブログ

仕事を通して人生を、もっと楽しく、美しく。

福井厨房、代表取締役社長が綴る日々のあれこれ。

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

如月も終わり 

 昔から1月は逃げる、2月は逃げるといいますが、今日で如月の2月は終わります。
もともと 1ヶ月の日数が少ないうえに、2月は 何か慌ただしい月でした。
明日から3月です。例年 3月が会社にとって一番忙しい月なのですが、今年はどうでしょう。
理由は 官公庁を含め 多くの事業所の締めの月だからでしょう。
そのお客様の要請に応えるべく、対応すると事務処理をはじめ色々と忙しいことになるわけです。
でも これらのことにチャンと対応してゆくことが大事で、忙しいからと言って、ミスや失敗は許されるわけではありません。
社員一同 情報を共有し、ホウレンソウを十分にして、ヌケ、モレのないよう対応してゆく3月です。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2019/02/28 Thu. 16:45    TB: 0    CM: 0

はや睦月も・・・! 

 冒頭から言い訳みたいで バタバタと1月も終盤で、あと数日で如月 2月になります。このブログを読んで下さている方がどれくらいいらっしゃるのか分かりませんが、ひと月に1回は アップしようと思っています。
 昨年も 想定外、予定外、計算外のことが色々と起こりましたが、今年も そうなるんだろうなと思ういながら新年を迎えました。自分の身の回りだけでなく、社会も世界も 目まぐるしく動き、読めない時代になりました。そのなかで 如何に生きてゆくかだ問われる時代になり、変化のスピードが益々速くなってきている気がします。
 予測不能といわれるなかで やはり基本は、目の前のことに誠心誠意 対処してゆくことです。そして全身全霊で、自己責任で仕事をすることでしょう。兎に角前向きに 一歩一歩 歩んでゆく そう思っています。
 どうぞ ことしも宜しくお願いします。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2019/01/27 Sun. 23:34    TB: 0    CM: 0

師走 

 早いもので もう12月の終わり。師走になりました。
1年は 早いもので、若い時と比べるとスピードが速いように感じるのは 私だけだろうか?
今年も 想定外のことが起こり、人生というものは 自分の思うようにならないものだということを痛切に感じた。
世の中に自分一人なら 自分の思うように出来る(実際 できない)かもしれないが、他の人がいると、考えや習慣や文化が違うので
どこかで 妥協点というか 調和点というか バランスをとらないと物事は進んでゆかない。
ただ それも 自他祝福を目指し、三方良しを願っても そうは行かないのが 人生だと思う。
 今年の反省ばかりをしてないで、そろそろ 来たる新しき年の夢に向かって 歩む時になりつつあります。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2018/12/25 Tue. 21:44    TB: 0    CM: 0

本との出会い 

 時折 本屋さんに行くことがある。毎日、毎月 店頭に新しい本が 並べられている。その中で 縁が合って、手に取り、購入する本もある。でも 殆どは 手に取って、見たり、買うことはない。本の作者は それこそ、心血を注いで作りあげているのだろうが、その本を紐解くことはない。人との縁ということは よく言われれるが、本屋との縁もあとるように思う。
 自分が 今 興味あるテーマについての関連するものは、当然 購入し、身につけようとするのは当たり前で、そうではない本を タイトルや装丁とかで、ふと 手にすることがある。そして 手に取り、目次やその後を パラパラとめくってみる。そうすると 何が書いてあるのか、主題は何かとかが、おおよそ推測でき 読みたいかどうかが 分かるものです。
 でも こちらの読書に割ける時間は 限られているし、満干の書を読むことは出来ない。ゲーテのファウストのような全能は不可能で
とても 消化できないのが 実情だ。
 本屋さんの他に 古本屋さんにも 気分転換を兼ねて 行くことがある。古本屋には 新刊を扱う本屋さんいない絶版になったものや自分が現在 興味を持っている分野のものがあったりして、いい気分になることもある。そういう時でも 本の方から これを見て、この本を買ってください、という波動を感じることがある。これなんかは 何か 本との縁みたいなものを感じ、手に取って レジまで持ってゆく。 そいう時は その本を チャンと読了し、何かを感じ、本棚に入れる。
 我々が 人間として学び、叡智を付けてゆく方法で、ベストな方法は やはり 読書が、一番のように思う。そして 頭がボケないためにも 読書は よいのではないだろうか? 

 ”秋深し 読書の秋”



 

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2018/11/19 Mon. 21:45    TB: 0    CM: 0

同窓会 

 10月になり、秋らしくなってきました。今年の夏の猛暑も懐かしいくらいに涼しく、いや寒くなってきました。
休日には ゆっくりと休んで、それこそ 紅葉狩りとかトンボを探しに山とか高原に行きたいですが、今年は なんだか
週末が行事で埋まり、そういった時間が取れません。色々な会が、金~土~日に予定され、休めないです。

 先月の日曜日は 中学時代の同窓会がありました。集まった人数はそう多くなかったですが、久しぶりに会えて 昔を思い出しました。同窓会に参加した人は、まだまだ元気な人も多いですが、それでも膝が痛いとか薬のやっかいになっている人とか 年相応に体にトラブルがあるようでした。
 まあ 70年も動いてきたのだから、体のパーツ(?)もガタが来るのは当たり前かもしれません。友人の一人は どこに行くにも酸素ボンベを携帯し、心臓病のためにニトログリセリンを常備しているとのことでした。糖尿でアルコールは控えているという人もいました。

 私は お陰様で、痛いところとかはなく 血圧とかも まあ 正常に近いようで有難いことです。その時 感じたことですが、自分の口に食べ物を入れ、噛んで消化できるということ、そして自分の足で 思うように歩けることは 大変ありがたいことなんだなと
痛切に思いました。
 同窓会も又 2年後のしましょうということで、散会しました。


カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2018/10/22 Mon. 16:56    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード