FC2ブログ

仕事を通して人生を、もっと楽しく、美しく。

福井厨房、代表取締役社長が綴る日々のあれこれ。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

携帯の行方不明 

 先々週の土曜日5日の夜 社員の皆さんと会食をした後、携帯電話の一つが行方不明になった。
これはピッチの方で、主に会社の仕事関係で使っていたものだ。もう一つはスマホで仕事もプライベートにも活用している。そしてピッチがないことに気が付いたのが翌日曜日6日の昼頃。
 それから そのその携帯に電話するも、音はすれど、繋がらない。 土曜日の夜、会食をしたレストランに電話するも、日曜日休みでノーアンサー。
 7日の月曜日に夕方 やっとレストランのスタッフに繋がる。店の中を隈なく探してくれたが、ないとのこと。
勿論、その時紛失の携帯に電話したのだが、音はしません、という返事。確か、携帯の設定はバイブレーションと音の両方にしてあったはずだから、店の中にあれば音がして分かるはず。店の人は今晩もう一度丁寧に掃除の時、探しますのでお時間を下さいとのこと。
 それから火曜日、水曜日とその行方不明の携帯に10回も電話するも呼び出し音はすれど、誰も 受話器をONにして出てくれない。呼び出し音はするので、携帯はまだ生きている。その週は結構雨が降りましたから、雨に濡れれば、早晩、呼び出し音はしなくなるはず。まだ どこか、間に挟まって私のところに帰ってきたがっているはずと思い続けていた。
 水曜日の夜9時半ごろ会社から家に帰り、家からその携帯に電話する。6コールしたが、ダメ。それから数秒おいて
再コールした。
 何回したか定かではないが、まだ携帯は生きている、そう思いながら受話器を置こうとしたら、
「もしもし」という女性の声。
「あれー」と思いながら、「この携帯電話はどこに?」と聞きますと「あなたは持ち主の方?」
それから少しばかりやり取りがあって、この携帯は今中央警察署の遺失物係にあるとのこと。
7日の日に、どなたかが、落とし物で届けてくださったそうで、電話をとった彼女は部屋で残業しているところで電話に出ようかどうしようか迷ったけど、電話に出ました、という話で、翌日 行方不明のピッチが手元に帰ってきました。
もし 彼女が電話をONして出てくれなかったら 再会はなかったという話でした。本当に有難いことでした。
 色々と 反省することが一杯です。



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/07/15 Tue. 15:50    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masaterufukui.blog25.fc2.com/tb.php/113-48779d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード