FC2ブログ

仕事を通して人生を、もっと楽しく、美しく。

福井厨房、代表取締役社長が綴る日々のあれこれ。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

# ラフティング 

 先週の土曜日 会社行事として 徳島の三好町にラフティング研修をした。
はじめて ラフティングをしたのだが、ラフティングのナビゲーターも「今日は 吉野川の水量もちょうどよいので、いいときにお出でになりましたね」とのこと。
 コースは ファミリーコースと激流コースと2つあり、私は 当然 後者を選んだのだが、ルールでは65歳以上の人は 基本的にはファミリーコースに参加して頂くのですが・・・と言われたので、まあ泳げるし、ライフベストもつけているし、大丈夫ですからと言って
何とか 後者のコースに参加した。
 ゴム製のボートは 7~8人乗りで 3艇で出発。私の乗ったボートには女性が3人いたので、ナビゲーターも激流コースのなかでも、優しいところを選んだのかもしれない。 でも 2M位の落差もあり、下っている最中 結構 水を飲んだ。 激流の長さが50Mぐらいで、全コースの中に4か所あるそうだ 。激流が 思ったほど長くないので、あまり心配はしなかった。
 でも想定外のことが起きた。激流のところを過ぎて 平らな川面の所で、ふと振り返ると、後続のボートが転覆したのだ。波の底に沈んだあと 上に上がるところでバランスを崩しひっくり返ったようだ。全員 ボート外に投げ出され、ボートの下に入った人もいたようで、生きた心地がしなかった、と後から言っていた。ライフベストがあるから、溺れてはいないが、水を大量に飲んだりしていて、我々のボートに引っ張り上げた人は、顔が真っ青で、死ぬかと思ったようだ。
 転覆したボートのナビゲーターの話によると 8年間で ここで転覆したのは初めてだそうで、彼もまた少し驚いたそうだ。

 まあ 大事に至らなくて良かったし、なめてかかったらいけないということも教えてもらった気がする。ボートを漕ぐのも、声を合わせ、力を合わせなければ、船は前に進まない。また ナビゲーターの指示に合わせて漕がなければ、岩にぶつかるし、川の暗礁に乗り上げる。
 一度は このラフティングを体験するのも 面白いと思う。





スポンサーサイト

カテゴリ: 運動

[edit]

Posted on 2016/06/23 Thu. 21:22    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://masaterufukui.blog25.fc2.com/tb.php/153-d56118cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード